東洋臨床技術大学校アカデミーTOP >>  第5期授業風景

第5期授業風景

2014年5月11日 修了式

2014/05/16

東洋医療臨床技術大学校アカデミー修了式表彰
東洋医療臨床技術大学校アカデミー修了式
東洋医療臨床技術大学校アカデミー修了式受講生代表挨拶

修了式

●受講生代表挨拶
講義の始めに西條先生の書かれた「臨床・鍼灸治療学」と「臨床鍼灸学を拓く」の貴重なご本2冊を頂きました、その中には鍼灸の技術はもちろん、私たち治療家自身の健康・態度・身だしなみ・心構え・自覚・責任など鍼灸治療家として非常に大切なことを教えていただいています。このご本はいつも側に置き、くり返し見るよう心掛けるようにしています。

また、実技でも、主訴に対する治療の他、身体の治す力を整える治療、未病の徴に対する治療など丁寧にご指導頂いたことで、患者様の治療効果が高まりました。 
その他にも、多くの先生より、保険の問題・陰陽・虚実・補寫など治療の基本的な考え・経営学・リハビリテーション・姿勢の大切さ・医療現場の最新情報など貴重な勉強をさせて頂きました。
 この「東洋医療臨床技術大学校アカデミー」でなければ得られなかった多くの事を学び、それぞれの分野で鍼灸治療家として社会に貢献できるように頑張って参ります。
このご恩に対しての感謝の気持ちは、患者さんにより良い治療をすることでお返ししていかなければいけないと心しています。

諸先生がた、今日まで、本当にお世話になりました。この、「東洋医療臨床技術大学校アカデミー」には高名な先生で、しかもユニークな情熱がある先生が多数おられ、そんな先生がたにご指導いただきましたことが、誇りであり楽しい思い出となっております。まだまだ未熟未完成の私達ゆえ、今後とも、よろしく御指導御鞭撻いただければ幸せです。

本日は、本当に有難うございました。先生方のご活躍をお祈りし、御礼の言葉とさせていただきます。



東洋医療臨床技術大学校アカデミー修了式終了パーティー



    第5期東洋医療臨床技術大学校アカデミー





第5期授業風景

2014年5月11日 鍼灸実技試験

2014/05/16

鍼灸実技試験
鍼灸実技試験2
鍼灸実技試験3
鍼灸実技試験4
鍼灸実技試験5
鍼灸実技試験6
鍼灸実技試験7
鍼灸実技試験8
鍼灸実技試験9
鍼灸実技試験10
講師:事業協同組合全国マッサージ師協会 試験官
講義:鍼灸最終実技試験(技術習得の確認)


第5期授業風景

2014年5月15日 鍼灸院臨床実習

2014/05/15

代々木治療室 臨床実習写真

臨床実習場所:リカバリー代々木治療院
実習期間:1日

●受講生レポート
院長佐野玉恵先生の雰囲気そのまま、とても優しい感じの治療院でした。先生は同時に凛とした信念を伺わせるカッコイイ先生で、治療態度から経営のこと、長野式を中心とした治療法まで惜しげもなく、厳しくご指導くださいました。鍼、灸、マッサージへのこだわりを熱く語ってくださる一方で「どんな方法を使ってでも治してあげるの!」という言葉が印象的でした。光線療法、ロミロミ、サプリメントなど、先生の熱心な姿勢が治療コースに伺えて感動いたしました。見習います!!



第5期授業風景

2014年5月11日 終末期医療

2014/05/14

終末期医療における鍼灸マッサージの役割
終末期医療における鍼灸マッサージの役割2
終末期医療における鍼灸マッサージの役割3
終末期医療における鍼灸マッサージの役割4
終末期医療における鍼灸マッサージの役割5

講師:佐藤 健
講義:終末期医療における鍼灸マッサージの役割


●受講生レポート
佐藤先生のご講義を聞いて私は今まで持っていたホスピスのイメージが変わりました。
最近の病院では、手の施し用が無い末期ガン患者は「うちでは診れない!」と断ることが多く「ガン難民」という言葉があるくらいだそうです。
佐藤先生は「あなたを最後まで見捨てない」、末期ガン患者でも「いい人生だった」と思えるように支えます。苦しくなく過ごす、といったように、末期ガンの痛みを抑えて、満足した死を迎えられるように治療を行っておられます。
我々鍼灸師も在宅医療・外来診療などで沢山の患者様と接する機会がありますが、私はこれからの自分の治療にも佐藤先生のように「最後まで患者様を見捨てない」という考えで臨みたいと思います。



第5期授業風景

2014年5月10日 介護保険 鍼灸実技(鍼パルス)

2014/05/14

鍼灸・マッサージの訪問治療と介護保険制度
鍼灸・マッサージの訪問治療と介護保険制度2
鍼灸・マッサージの訪問治療と介護保険制度3
鍼灸・マッサージの訪問治療と介護保険制度4
鍼灸・マッサージの訪問治療と介護保険制度5

講師:村上 篤史
講義:鍼灸・マッサージの訪問治療/介護保険制度


●受講生レポート
近年、介護保険によるサービスを受ける人(要介護者)が増えていますが、そのサービスを統括する立場にあるのがケアマネージャーと呼ばれる方です。
 ケアマネージャーが介護保険によるサービスを統括するのに対し、鍼灸・マッサージ師が行う訪問治療は健康保険によるものです。
 このように介護保険と健康保険の違いはあっても、一人の要介護者がより充実したサービスが受けられるよう、鍼灸師・マッサージ師はケアマネージャーが統括する組織の一員でなくてはなりません。
 今回は村上先生に鍼灸師・マッサージ師が要介護者への訪問治療を行う際に留意しなくてはならないこと、とりわけ医療サービスを行う組織の一員としての立ち振る舞いについてお話していただきました。
 私も訪問マッサージ・鍼灸を行っていますが、あらためてケアマネージャー、利用者、家族、担当医師、その他の関係機関との関わりについて見直すとともに、組織人としての認識を持つことの重要性をあらためて感じました。



鍼灸実技(鍼通電:パルス治療)
鍼灸実技(鍼通電:パルス治療)2
鍼灸実技(鍼通電:パルス治療)3
鍼灸実技(鍼通電:パルス治療)4
鍼灸実技(鍼通電:パルス治療)5

講師:村上 篤史
講義:鍼灸実技(鍼通電:パルス治療)


●受講生レポート
今日は村上篤史先生によるパルスを使った鍼灸実技でした。実技の前に先生からパルスの説明とそれに伴う、プラス(+)イオン・マイナス(-)イオンの話がありました。中学の頃に習ったはずのイオンの話も久しぶりに聞いてみると『あー、そういえばそうだったな』と再確認することばかりでした。そしてパルス実技では、下肢の神経痛で『膝下の足の外側が何だか痺れているようないやな感じがする』という患者さんからの訴えに対して即効性のある長短腓骨筋への刺鍼とパルスのかけ方、確認方法などを教えてくださいました。神経痛がない私も実際に受けてみると脚が軽くなった感覚がすぐに分かるくらいに即効性のある刺鍼方法でした。いろんな質問に対してもしっかり答えてくださり、たくさんのことが吸収出来た1時間半でした。村上先生、ありがとうございました。



第5期授業風景

2014年4月23日 鍼灸院臨床実習

2014/05/09

0423わんステップ臨床実習:施術体験
0423わんステップ臨床実習:歩行訓練
0423わんステップ臨床実習:歩行訓練2
0423わんステップ臨床実習:歩行訓練3
臨床実習場所:埼玉県 わんステップ鍼灸整骨院
実習期間:1日



●受講生レポート
個人の治療院で日々を送っている私にとって、他の治療院を見せていただく機会は限られており、せっかくの“とき”なので、様々な内容を有されているところ(わんステップ鍼灸整骨院様)を選ばせていただきました。
 まず、駐車スペースの広さに驚かされました。羨ましい限りです。院内は常に数名のスタッフがおり、明るく元気。そして、実際に“手技”での治療を受け、デイサービスや往診の同行もさせていただきながら、お話しを伺いました。
 お忙しい中、常にスタッフの方がついてくださり感謝です。 村上先生、スタッフの方々、本当にありがとうございました。



第5期授業風景

2014年4月22日 鍼灸院臨床実習

2014/05/09

0422剛鍼灸治療院臨床実習
0422剛鍼灸治療院臨床実習2
0422剛鍼灸治療院臨床実習3
0422剛鍼灸治療院臨床実習4
0422剛鍼灸治療院臨床実習5
臨床実習場所:愛知県 剛鍼灸治療院
実習期間:1日




第5期授業風景

2014年4月16日 鍼灸院臨床実習

2014/05/09

0406レディース鍼灸さいとう名古屋 鍼灸院臨床実習
0406レディース鍼灸さいとう名古屋 鍼灸院臨床実習2
0406レディース鍼灸さいとう名古屋 鍼灸院臨床実習30406レディース鍼灸さいとう名古屋 鍼灸院臨床実習4
臨床実習場所:愛知県 レディース鍼灸さいとう名古屋
実習期間:半日



第5期授業風景

2014年4月12日 鍼灸院臨床実習

2014/05/09

12剛鍼灸治療院:鍼灸臨床実習
12剛鍼灸治療院:鍼灸臨床実習2
12剛鍼灸治療院:鍼灸臨床実習3
12剛鍼灸治療院:鍼灸臨床実習4
臨床実習場所:愛知県 剛鍼灸治療院
実習期間:1日




第5期授業風景

2014年4月13日

2014/04/16

突発性難聴と顔面神経麻痺6
突発性難聴と顔面神経麻痺2
突発性難聴と顔面神経麻痺3
突発性難聴と顔面神経麻痺4
突発性難聴と顔面神経麻痺5
講師:岩ヶ谷広晃
講義:耳鼻科領域の基礎と臨床

突発性難聴と顔面神経麻痺

●受講生レポート
今回は、耳鼻科疾患の基礎と臨床についての講義に参加させていただきました。
基礎的な知識に加え耳に関しては直接機械で音を出していただき解剖・生理をご説明いただきました。疾患についても外耳・中耳・内耳の疾患、難聴や麻痺、腫瘍について細かくご説明いただき知識不足を痛感しました。
また、冒頭では日頃の臨床の動画を流していただきどのように対処し患者様を守るのか等々、大変勉強になりました。
講義の最後には実技もおこなって頂き臨床の治療に対する考え方や治療方法を学ぶことができ明日からの臨床に役立てたいと思います。



美顔になる美容鍼灸
美顔になる美容鍼灸2
美顔になる美容鍼灸3
美顔になる美容鍼灸4
美顔になる美容鍼灸5
講師:寺島佳奈
講義:美容鍼灸


●受講生レポート
新しく京都に拡大展開された美容鍼をメインにした治療院のご苦労話に始まり、これからの季節柄ということで、紫外線(皮膚の真皮層に届くUV-A)の話、実技としてモデルに刺鍼しながらの具体的な経穴の話(翳風は内出血しやすい、下関はパイオネックスだけでも共同運動おさえられる 等)そして、一番の山場となったのが、目の疲れ、視力低下に絶大な効果を発揮するという《眼窩内置鍼》の実技指導。
眼窩上切痕の位置で、鍼管で眼球を軽く下に押さえるようにしてそのまま真っ直ぐ刺入します。
眼窩への刺入を実際見せて頂き、ここで実技としてお互いに刺鍼する時間となります。
しかしながら実技時間が殆どなかった為、実技をする人、先生に質問する人などが入り混じってここでも白熱する時間となりますが、本当に充実した素晴らしいご講義でした。




講師:渥美和彦
講義:統合医療においての鍼灸の役割


●受講生レポート
渥美和彦先生による統合医療においての鍼灸の役割を受講致しました。渥美先生のお話の中では何度も鍼灸技術の重要性について語られていました。災害などでライフラインが絶たれたとしても活躍出来ること、西洋医学には限界があってもそれに代わって活躍出来るすばらしい技術なんだと再確認出来たような気がします。自分たちの存在意義や今何をすべきなのかを考えること、個人だけではなく友を持つ大切さ、大きな医学の流れを見ながら腕を磨いて一人でも出来る技術と知識を養うことの重要性。当たり前のようだけれど、この授業を通して改めてしっかり胸に刻まなければならないなと思いました。また、この授業を通して、アカデミーや鍼灸師会での仲間との繋がりを更に大切にしたいと思いました。




実技
実技2
実技3
実技4
講師:藤枝昇
講義:臨床例報告


●受講生レポート
姿勢評価の有用性についての講義でした。
藤枝先生は患者の主訴について整形外科学的な評価はあまり参考にしていないということでした。
なぜなら鍼では画像診断などで評価された椎間板や軟骨などに対してアプローチしていないから。
でできることは硬くなった軟部組織を柔らかく変化させること。
地球上にいるわれわれは重力との関わりで存在しており、骨格がしっかり重力を受け止められれば局所の負担は限りなく減っていきます。だから柔軟性を回復させることで全身の連動をととのえ、重力との協調性を呼び起こし、そのことで患部の負担は軽減、霧散するという内容でした。



1  2  3  4

東洋医療臨床技術大学校アカデミー

他に追随を許さない
最強の講師陣が
本校のみの講義を実施!

閉じる

このページのTOPへ