東洋臨床技術大学校アカデミーTOP >>  講師プロフィール

講師プロフィール

粕谷大智

2013/05/18

東京大学医学部附属病院リハビリテーション部鍼灸部門主任
アレルギーリウマチ系(膠原病の現代医学的知識)

東京大学医学部附属病院
リハビリテーション部鍼灸部門

講師プロフィール

田代眞一

2013/05/18

病態科学研究所所長、元昭和薬科大学教授、
瀋陽薬科大学中日医薬学研究所名誉理事
京都大学、東京女子医科大学講師。
日本医療福祉学会会長、和漢医薬学会監事、日本疫学学会評議員などを歴任
乳房文化研究会会長、RQT会長

漢方
鍼灸師を目指して富山から上京し、なぜか薬剤師になってしまった。
漢方の研究を行っており、鍼灸師にわかりやすく教えてくださいます。
著書「ビールを飲んで痛風を治す」


講師プロフィール

西條 一止

2011/01/11

東洋医療臨床技術大学校アカデミー 学長

●講義内容
「治療の基本理念と実技」
「自然鍼灸学臨床講話」
「鍼灸臨床基礎実習」


●経歴
1938年新潟県に生まれる
1965年3月東京教育大学教育学部理療科教員養成施設卒業
1971年4月東京教育大学教育学部理療科教員養成施設助手
1976年4月筑波大学講師
1979年2月筑波大学助教授
1986年8月筑波大学教授
1987年10月筑波技術短期大学教授
1990年~1998年筑波技術短期大学視覚部長併任
1999年4月筑波技術短期大学学長
2003年4月新宿鍼灸柔整専門学校校長
2006年12月日本伝統医療科学大学院大学学長
2008年 6月退職
2011年4月宝塚医療大学 副学長・鍼灸学科 学科長
1979年~1987年9月筑波大学理療科教員養成施設長併任。
1977年医学博士(東京大学)。
全日本鍼灸学会顧問、日本温泉気候物理医学会評議員 監事 
日本サーモロジィ学会 理事 等、
現在、茨城県つくば市に在住

●著書
「臨床鍼灸学を拓く―科学化への道標」 発売日: 2003/04 医歯薬出版
「臨床鍼灸治療学」 発売日: 2005/07医歯薬出版
「元気が出てくる!!万能ツボ健康ダイエット
(アスキームック―NHK生活ほっとモーニング)」 販売日:2001/09 アスキー
「鍼灸臨床の科学」 発売日: 2000/09  医歯薬出版

●TV出演
NHKきょうの健康、NHKの生活ポットモーニング
他多数出演

講師プロフィール

形井秀一

2011/01/11

●現在の役職
筑波技術大学 保健科学部 保健学科 鍼灸学専攻・教授

●学歴
1975年3月 東京農工大学農学部農学科卒

●学位
1992年 医学博士(順天堂大学)

●学位論文題名
慢性前立腺炎に対する鍼通電療法

●職歴
筑波大学非常勤講師1年
筑波大学技官9年
筑波大学心身障害学系助手1年
筑波技術短期大学鍼灸学科助教授7年
筑波技術短期大学鍼灸学科教授6年
筑波技術大学教授5年(現職)
筑波技術大学大学院技術科学研究科担当
筑波大学非常勤講師5年
首都大学東京非常勤講師5年
静岡県立大学研究科非常勤講師1年
茨城県立中央看護専門学校非常勤講師7年
東京衛生学園非常勤講師7年

●所属学会等
全日本鍼灸学会
日本東洋医学会
日本温泉気候物理医学会
日本東方医学会
日本自律神経学会
日本絶食療法学会
日本伝統鍼灸学会
女性衛生学会
社会鍼灸学研究会

●著書・学術論文
◆Katai Shuichi, et al, Introduction of Japanese Acupuncture Consideration the Therapist's Hand(1~4), Kampo, Acupuncture and Integrative Medicine.2006;1(4):32-33
◆Katai Shuichi, et al,WHO International Standard Terminologies on Traditional Medicine in the Western Pacific Region, WHO/WPRO,2007.8
◆Katai Shuichi, et al,WHO International Standard Acupuncture Point Locations in the Western Pacific Region,WHO/WPRO,2008.5
◆第二次日本経穴委員会、詳解・経穴部位完全ガイド ―古典からWHO標準―、医歯薬出版、東京、2009
◆形井秀一、箕輪政博、鍼灸学校教育の歴史に見る鍼灸の変遷と現況、社会鍼灸学研究、2009;(3):33-36.
◆形井秀一編著、イラストと写真で学ぶ 逆子の鍼灸治療、医歯薬出版、東京、2009

●外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆Asia Medical Massage Instructors Network(AMIN、アジア視覚障害者への教育・就労支援、日本財団)
◆H22・厚生労働省科学研究・分担研究者、ISO/TC249に資するための伝統医学関連の用語・疾病分類・デバイス・安全性確保などの基礎整備研究

●社会貢献活動・その他活動等
◆第二次日本経穴委員会委員長:2004年~現在
◆Asia Medical Massage Instructors Network(アジア視覚障害者への教育・就労支援)、副代表:2006~現在
◆全日本鍼灸学会参与:2007年~現在
◆:日本伝統鍼灸学会会長:2009年~現在
◆日本東洋医学会、渉外委員、2009年~現在
◆日本東方医学会理事:2000年~現在
◆社会鍼灸学研究会代表:2006年~現在
◆東洋療法研修試験財団・鍼灸等調査研究推進委員会委員、2009年~現在
◆文部科学省学習指導要領調査研究会委員:2006~09年

講師プロフィール

水出 靖

2011/01/11

●役職
東京有明医療大学 保健医療学部 鍼灸学科

●学歴
平成2年3月  筑波大学 理療科教員養成施設 卒業
平成3年3月     〃 臨床専攻生 終了
平成17年3月 放送大学 教養学部 卒業

●職歴
平成3年4月~ 東京大学医学部附属病院 物療内科
(現)アレルギーリウマチ内科研究に励む
平成8年5月~ 筑波大学附属盲学校教諭
平成21年4月~ 有明医療大学 保健医療学部鍼灸学科

●研究テーマ
運動器疾患に対する鍼灸の臨床的研究/鍼灸の教育に関する研究
東京大学病院時代には、五十肩の研究を行い、五十肩の鍼灸治療に大きな影響を与えられました。

講師プロフィール

河野 俊彦

2011/01/11

●経歴
昭和50年4月  千葉大学医学部 肺癌研究施設病理部門助手
千葉大学 医学部では、肺ガンの病理学的研究を内科・外科と共同で行う。
特に、肺ガンの発生原因についての研究から環境医学に発展し、東洋医学的医療に興味を深める。
平成4年1月 国際武道大学体育学部教授(解剖学)
国際武道大学では、ドーピングによる内臓の副作用に着いて研究し、環境ホルモンの生態影響を明らかにした。
平成18年4月  了徳寺大学 健康科学部 教授
平成22年4月  千葉大学 医学部 講師
社団法人 日本解剖学会 永年会員

●研究内容
1) コメディカルの解剖学教育に関する検討

●代表的な著書
1)「窒素酸化物による肺の病理学的変化」
林豊、河野俊彦、中馬一郎、江上信雄、武部啓 昭和59年3月 環境と人体III、東京大学出版社
2)「心と体の健康法」
丸茂真、河野俊彦 平成7年11月 元就出版社(東京)
3)「ドーピング」
高橋正人、立木幸敏、河野俊彦 平成12年8月 講談社(東京)
4) 「これでなっとく使えるスポーツサイエンス」
高橋正人、立木幸敏、河野俊彦 平成14年6月 講談社(東京)

講師プロフィール

金古英毅

2011/01/11

●経歴
1944年 群馬県生まれ
1973年 東洋鍼灸専門学校卒業
金古鍼灸院を開業
日本伝統鍼灸学会常任理事、編集部部長を経て、
日本内経医学会委員
刺絡学会 理事
了德寺学園医療専門学校セミナー講師
東洋鍼灸専門学校非常勤講師

講師プロフィール

宮崎 智浩

2011/01/11

●経歴
医療法人社団 三喜会 鶴巻温泉病院リハビリテーション科
同法人 介護老人保健施設ライフプラザ新緑リハビリテーション 
リハビリテーション長 及び 通所リハビリテーション責任者
社団法人 神奈川県介護老人保健施設協会リハビリテーション部会 会長
社団法人 神奈川県リハビリテーション協会 介護老人保健施設代表委員を経て
現在、株式会社ノーフェイト 代表取締役社長
事業内容
訪問リハビリ・ナースステーション おとなりさん(訪問看護サービス)
居宅介護支援事務所 おとなりさん
リハビリテーションセンター おとなりさん(通所介護サービス)

講師プロフィール

渥美 和彦

2011/01/11

●役職
東京大学名誉教授
一般社団法人日本統合医療学会(IMJ)理事長
国際人工臓器学会 元会長
国際レーザー医学会 元会長        
日本レーザー医学会 元会長
日本サーモロジー学会 元会長
日本生体磁気学会 元会長
日本エム・イー学会 元会長
日本人工臓器学会 元理事長
日本医療情報学会 元副会長

●略 歴
1954年3月 東京大学医学部卒 
1955年4月 東京大学医学部付属病院木本外科において心臓外科を専攻し、人工臓器や医用工学の研究に従事
1964年5月 東京大学医学部医用電子研究施設助教授
1967年1月     同           教授
1989年3月 同大学定年退職、東京大学名誉教授
1990年5月 日本工学院専門学校校長に就任
1991年7月 第15期日本学術会議会員                
1994年7月 第16期日本学術会議会員第七部長
1995年3月 日本工学院専門学校退職
1995年4月 鈴鹿医療科学大学学長に就任  
1998年11月 鈴鹿医療科学大学退職 
1998年12月 日本代替・相補・伝統医療連合会議(JACT)理事長
2000年7月 第18期日本学術会議会員
2000年12月 日本統合医療学会(JIM)理事長
2007年12月 有限責任中間法人日本統合医療学会(IMJ)理事長
2008年4月 一般社団法人日本統合医療学会(IMJ)理事長

●主 な 賞
1966年 朝日学術奨励賞(朝日新聞社)
1982年 アメリカレーザ医学会賞(アメリカレーザ医学会)
1988年 バイオマテリアル科学功績賞(日本バイオマテリアル学会)
1991年 日経BP技術賞(医療部門、日本経済新聞社)他多数

●主な著書
人工臓器(東大出版会, 1970年)
医用サーモグラフィ図譜(医学書院, 1971年)
医療情報システム総説(企画センター, 1973年)
人工臓器─人間と機械の共存─(岩波書店, 1973年)
レーザー医学─基礎と臨床─(中山書店, 1980年)
バイオメディカルエンジニアリング─21世紀のMEを探る─(オーム社, 1984年)
医学これからこうなる(集英社, 1986年)
シリーズ1990 人工臓器─不老不死の時代は来るか─(東京書籍, 1987年)
人工心臓─未知なるミクロコスモスへの挑戦─(三田出版会、1989年)
人工臓器─生と死をみつめる新技術の周辺─(NHKブックス、1996年)
バイオメーション─21世紀の方法序説─(清流出版、1998年)
統合医療への道─21世紀の医療のすがた─(春秋社、2000年)
自分を守る患者学─なぜいま「統合医療」なのか(PHP新書、2002年)
統合医療基礎と臨床(日本統合医療学会、2005年)など他多数

講師プロフィール

佐藤 健

2011/01/11

●略歴
国立病院機構豊橋医療センター第一外科医長

1984年3月 名古屋大学医学部卒業
1984年5月 中津川市民病院研修医
1986年3月 同 退職
1986年4月 愛知県厚生連昭和病院外科医師
1989年12月 同 退職
1990年1月 名古屋大学医学部第二外科医員
1990年3月 同 退職
1990年4月 名古屋拘置所医務課医師
1991年4月 国立豊橋病院外科医師として転勤
1997年5月 同 外科医長昇任
2004年4月 国立病院組織改編に伴い、独立行政法人国立病院機構豊橋病院外科医長
2005年3月 国立病院機構豊橋医療センター開院に伴い、同第1外科医長
4月 同医療センター緩和ケア病棟開棟に伴い同病棟医長併任

●学位
名古屋大学医学博士

●所属学会
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本臨床外科医学会
日本癌学会
日本癌治療学会
日本緩和医療学会
日本サイコオンコロジー学会
国立医療学会
日本死の臨床研究会
日本ホスピス在宅ケア研究会
日本緩和医療学会代議員
日本死の臨床研究会全国世話人
日本死の臨床研究会中部支部長
生と死を考える会全国協議会運営委員
生と死を考える会全国協議会2004年度全国大会長
(2004年10月23日、24日 アイプラザ豊橋にて開催)
豊橋ホスピスを考える会会長
1  2  3  4

東洋医療臨床技術大学校アカデミー

他に追随を許さない
最強の講師陣が
本校のみの講義を実施!

閉じる

このページのTOPへ